2008年10月10日

MOVABLE TYPE4.2(MT4.2)をXREAにインストールする方法

この記事をはてなブックマークに追加
起業するといいながら、備忘録的なブログしか作れていない現状を打破する為、ちょっと本格的にブログを作り、起業の準備をしようと思い、movabletypeを利用する事を決めました!
という事でドメインを取得し、レンタルサーバを借りてmovabletypeをインストールするという事を初体験したので簡単に備忘録。
今ちょっと作り直す為に再インストール中なので、ある程度出来たらこちらからもリンク張りたいと思います。
  1. VALUE DOMAINでドメイン取得
    VALUE DOMAIN

  2. XREAで無料サーバレンタル
    XREA.COM

  3. 独自ドメインとの関連付け
    08:独自ドメインとの関連付け

  4. FFFTPダウンロード

  5. FTP接続情報の確認とFFFTPの設定
    FTP接続情報の確認とFFFTPの設定
  6. データーベースの作成
  7. MTダウンロード

  8. mt-config.cgi-original編集

    MT-4.2.1-jaのフォルダの中からmt-config.cgi-originalを見つける。


    まずファイル名をmt-config.cgiに変更。


    以下のように編集。

    例(○○○はご自分のドメイン名を入れてください。)

    CGIPath http://www.○○○.com/x/□□□/

    StaticWebPath http://www.○○○.com/x/□□□/mt-static/



    MySQLを使用しますので続けて以下のように編集。

    ObjectDriver DBI::mysql

    Database xxxx(データベース名)

    DBUser xxxx(ユーザID)

    DBPassword xxxx

    DBHost localhost



    PublishCharset utf-8


    以下の3つは削除。

    ##### POSTGRESQL #####

    ObjectDriver DBI::postgres

    Database DATABASE_NAME

    DBUser DATABASE_USERNAME

    DBPassword DATABASE_PASSWORD

    DBHost localhost



    ##### SQLITE #####

    ObjectDriver DBI::sqlite

    Database /path/to/sqlite/database/file



    ##### BERKELEYDB #####

    DataSource /path/to/database/directory



    mt-config.cgiファイルの編集は終了です。

  9. 広告手動挿入
    広告がつかないディレクトリ(xディレクトリ)にMTを設置すると、検索結果画面に広告が自動挿入されません。

    そのため、テンプレートに広告タグを手動で記入しておく必要があります。

    「default_templates」内に「search_results.mtml」というファイルがあるのでエディターで開きます。

    開いたファイルの一番先頭部分に、XREAの管理画面に載っている広告タグを記入します。

  10. FTPアップロード
    /public_htmlの下にxフォルダを作成します。
    作成された/public_html/xフォルダの下に□□□フォルダ(任意のフォルダ名)を作成します。

    /public_html/x/□□□/にダウンロードしたmtファイルの中身を全てアップロード

  11. システムチェック
    まずは設置したMTにアクセスします。
    http://www.○○○.com/x/□□□/mt-check.cgi
    すると以下のような画面が出てきます。
    まずは、システムチェックを実行をクリックします。にアクセスしチェックしてみてください。
      「Movable Typeのシステム・チェックは、無事に完了しました。」と表示されればOKです。
  12. インストール
    システムチェックが正常に完了していことを確認したのち、前の画面に戻り、ログイン画面をクリックします。
    ユーザ名、表示名、メールアドレスなどの必要事項を記入し「次へ」をクリックします。

    すると、一番はじめに設置するブログの作成画面が表示されます。

    ブログ名と、設置するブログURL、公開パスを記入します。(後からの変更も可能です)

    設置するブログURLと公開パスは対応させてください。

    また、広告につかないディレクトリ(xディレクトリ)以下に設定すると、広告が自動挿入されませんので、それ以外を設定してください。

    タイムゾーンはUTC+9(日本標準時)を選択します。

    すべての記入が終わったら「インストール」ボタンをクリックします。

    インストールが完了すると以下のような画面が出現しますので、「Movable Typeへサインイン」をクリックします。

    すると、以下のようなMovable Typeの管理画面が表示されます。
    以上でMTの設置は完了です。
参考
MTインストールは初心者でも簡単にできる!  XREA.comサーバーを借りてMovable Typeをはじめよう!
XreaにMovable Typeインストール
XREAでMTを!


blogranking.gif
posted by ING at 02:17 | 東京 ☀ | Comment(2) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

XreaでのMT設置に手間取っていたところ、この記事がとても参考になりました。
有意義な情報をありがとうございましたー
Posted by 大トロ at 2008年11月26日 02:15
コメントありがとうございます。
お役に立てて幸いです。
今後とも宜しくお願いします。
Posted by ING at 2008年12月17日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 iTunes Store(Japan)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。